債務整理費用の種類について

 債務整理をするに当たって、かかる費用の種類について見ていきたいと思います。債務整理をするに当たっては弁護士や司法書士に依頼することになり、依頼するに当たって費用が発生します。もちろんですが、これらの費用は相談される弁護士や司法書士によって費用が異なります。 債務整理費については大きくわけて4つあります。相談料、着手金、報酬金、その他諸経費の4つになります。 まず1つ目が相談料になります。弁護士や司法書士に最初は相談から始められると思いますが、その相談の際に支払う費用になります。中には無料でされてる弁護士や司法書士の方もいらっしゃいますし、1度目は無料など、最初だけ無料で行う方などもいらっしゃいます。 2つ目が着手金です。着手金とは弁護士や司法書士の方に相談し、実際に依頼する方が決定した時に支払う費用になります。依頼料と同じようなものと考えていいと思われます。基本は前払いになりますが、依頼される弁護士や司法書士によっては、後払いにできたり、分割等にしてもらえるところもあります。 3つ目が報酬金です。平たく言えば成功報酬のことです。実際に依頼し、債務が減額できたり、過払い金返還請求等で払い過ぎた分を取り戻せたりし、依頼が達成、成功された場合に支払います。もちろんですが、弁護士や司法書士によってもことなりますし、債務者の依頼内容によっても異なってきます。 4つめがその他諸経費です。債務整理を行うに当たって、状況によっては申し立てや民事再生、自己破産等の手続きの際に裁判所におさめる費用になります。また、その他の様々な実費が請求対象になります。 以上が債務整理費の種類になります。

大判出力 格安

和服買一筋

虫歯0を目指せば歯医者は絶対つぶれます。

ラフティングって一体何?

鳩害対策にお悩みのあなた!鳩の専門家が優しく退治致します。